1. その他
  2. 103 view

ClassicEditorから脱却!ブロックエディタを使いこなす。

ワードプレス5.0から採用されたGutenberg(グーテンベルク)

ワードプレスのバージョン5.0から、固定ページや投稿の編集画面にGutenberg(グーテンベルク)というブロックエディタが採用されました。
いままでワードプレスを利用していた人からすると、大きな変化となりますので、かなり戸惑ったかたも多いのではないでしょうか。

過去の編集画面では単純にタイトルと本文を挿入するようなものでしたが、ブロックエディタと言われるものが実装されました。

ブロックエディタとは?

今までの編集画面では、単純に文字を流し込むようなものでした。時折画像などを挿入して、左や左に回り込ませるといった事はできますが、思うようなレイアウトにならなかったり、閲覧環境によっては表示に崩れた生じてしまう事も多い と思います。

それを解消するのがブロックエディタです。本文を編集する際に、まずは箱(ブロック)を設定し、その中に内容を挿入していきます。
あらかじめ何をいれる為の箱なのかを指定する必要がありますが、指定することにより自動的に最適化されたhtmlコードが挿入されますので、htmlやcssの知識がなくても綺麗なレイアウトを組むことができます。

ワードプレス標準のGutenbergでは、見出し、段落、画像、ギャラリー、ボタンなど様々なボックスがありますので、とても便利です。

過去から愛用されているブロックエディタ

ワードプレスの追加プラグインとして、いままでもブロックエディタは存在していて利用されている方も沢山います。
色々ありますが、特に利用者が多いのが「Page Builder by SiteOrigin」です。機能を追加することで、固定ページや投稿だけでなく、ウィジェットなどにも導入する事ができます。

過去のエディタを使いたければ「ClassicEditor」プラグイン

ブログはテキストしか書かないので、過去のエディタで十分。新しいエディタはどうも使いにくいというのであれば、「ClassicEditor」プラグインを導入することで、古いエディタを利用することができます。
ただしこちらのプラグインですが、開発期間に期限を定めており、いずれかは利用出来なくなる可能性があります。

ブロックエディタも慣れると便利

ブロックエディタの魅力は、各要素が箱になっていますので、その箱を複製したり、順序を入れ替えたりという事がとても楽です。
Gutenberg(グーテンベルク)はとても完成度が高くとても使いやすいですし、他のプラグインなども高機能のものがあります。
最初は戸惑うかもしれませんが、是非ブロックエディタを利用してみてください。

その他の最近記事

  1. ClassicEditorから脱却!ブロックエディタを使いこなす。

  2. ワードプレスとは

関連記事

PAGE TOP